愛知地域建設コンサルタンツ協会
トップページ お問い合せ サイトマップ
 
Google
特集
技術発表会
社会貢献活動
特別講演会
社長研修会
協会について
土木検定ページ
 
トップ > 技術発表会 > 2020年度の技術研修会及び若手勉強会

2020年度の技術研修会及び若手勉強会

「コロナ禍における業務への取り組み方と若手勉強会の今後の展望」

コロナ禍における業務の取り組み方について
 新型コロナウイルスの感染拡大は予断を許さない状況であり、様々な企業が働き方改革を進めていく中で、リモートワークに取り組む企業も増えています。しかし、まだまだ業務に精通していない若手社員にとっては、業務の進め方や疑問点の解消など上司との密なコミュニケーションが必要であり、ベテラン・若手双方の業務への取り組み方が課題となっている企業も多いと思われます。
 コロナ禍における業務への取り組みは、個人レベルではなく働き方改革の促進、BCP対策など、企業・社員が一丸となって取り組むべき課題だと考えます。その中でも、比較的取り組みやすいものが、コミュニケーションツールの活用だと思います。
 コミュニケーションを大きく、対面型(会議など)とオンライン型(ウェブ会議、メールなど)に分けると、対面型はオンライン型に比べてコストが高くなると言われています。したがって、対面型のコミュニケーションは、そのメリットが最大限に活かせる領域に限定し、極力オンライン型に移行することが望ましいと考えられます。
 コミュニケーションツールの活用は、チャットやオンラインストレージを利用したレスポンスの早いコミュニケーションに有用であり、特にチームで行う業務に適していると考えられます。例えば情報や連絡事項の共有、複数回ファイルをやり取りする場合には、チーム全員に一度に情報が共有でき、やり取りしたファイルの最新版の管理がしやすいといったメリットが考えられます。
 一方で対面型コミュニケーションが得意な分野は、感情的な交流と偶発的なアイデアの創出といったもので、オフィスにいるからこそ生まれるものであると言えます。こうしたものは、オンライン型のコミュニケーションでは生まれにくく、全てをオンライン型にしてしまうと、中長期的な生産性の低下に繋がると言われています。以上のことから、コミュニケーションツールの活用には、双方のメリットを生かせるような働き方や体制づくりが必要だと考えられます。
 コロナ禍における業務への取り組みは、業種やそれぞれの働き方によって十人十色であり、決まった正解は無いといえます。そのため、それぞれに合った手法を模索し、継続していくことが重要であると考えます。

若手勉強会の今後の展望
 昨今のコロナ禍の影響により、令和2年度の若手勉強会は残念ながら中止となってしまいました。
 若手勉強会では、毎年テーマを決めて研修会に取り組んでおり、令和2年度は『業界アピール』と『働き方』についての予定でした。奇しくも新型コロナウイルスの流行により、政府が主導する働き方改革の動きが加速し、リモートワークの導入や社内規則の改定を行った企業も少なくないと聞きました。そんな中で、新入社員や若手社員が十分な指導も無く、リモートワークやOJTを行っているというニュースを見かけました。このような事態は、本来の働き方改革の目標としている所ではないように思います。若手勉強会幹事会では、コロナ禍でも安全に行える講習などを企画し、令和3年度には勉強会を行いたいと考えています。この勉強会が、コロナ禍にあって大変な思いをしている若手社員の皆様の一助になればと思います。
 若手勉強会では毎年、様々な参加者との討議や交流会を行うことで、多くのことを学び通常の業務では得難い経験ができる場所であると思います。楽しみにして下さっている方のためにも、来年度以降は勉強会を再開できるように企画運営していきたいと考えております。
(若手勉強会幹事会一同)

 


トップ > 技術発表会 > 2019年度の技術研修会及び若手勉強会

 

Copyright 愛知地域建設コンサルタンツ協会. All Rights Reserved
 
愛知地域建設コンサルタンツ協会