愛知地域建設コンサルタンツ協会
トップページ お問い合せ サイトマップ
 
Google
特集
技術発表会
社会貢献活動
特別講演会
社長研修会
協会について
土木検定ページ
 

 

 土木検定(No.30掲載)

今回のテーマは『愛知県土木めぐり』です。コロナ禍でも密にならずに安心して見学できる見ごたえのある土木構造物をクイズで紹介します。

第1問 愛知県豊田市にある第二東名高速道路、豊田東JCT - 豊田東IC間の橋梁、豊田アローズブリッジは何という川にかかっているでしょうか
@木曽川
A庄内川
B矢作川
C豊川

第2問 愛知県内にはサイクリングを楽しめる自転車線の用の道路が整備されていますが、県道として認定されていない道路は次のうちどれでしょうか
@名古屋港サイクリングロード
A豊田安城サイクリングロード
B渥美サイクリングロード
C知多半島サイクリングロード

第3問 土木遺産としても知られる松重閘門は情景の美しさから東洋の〇〇として比喩されている。〇〇に当たるものは次のうちどれでしょうか
@ベネチア
Aナイアガラ
Bパナマ運河
C地中海

第4問 設楽ダムが建設されていますが、愛知県内の次のダムの中で最も新しいもの(竣工時)は次のうちどれでしょうか
@黒田ダム
A大島ダム
B新豊根ダム
C木瀬ダム

第5問 国営木曽三川公園は13箇所あるのをご存じでしたか?その中で愛知県にあるのは次のどれでしょうか
ヒント:木曽川と長良川は水位差があるので往来できるように閘門があります。
@木曽三川公園センター
A河川環境楽園
B船頭平河川公園
C桑名の七里の渡し公園

第6問 日光川河口排水機場には国内最大級といわれる大口径ポンプがありますがその口径は次のうちどれでしょうか
@φ3800
Aφ4200
Bφ4600
Cφ5000



〜正解と解説〜


第1問

正解 B 矢作川

解説
豊田アローズブリッジは4径間連続PC・鋼複合斜張橋であり、波形鋼板ウェブ橋です。橋長820m、最大支間長235m(×2)、最大地上高125.8m、総幅員43.8m。2001年8月着工し、愛知万博開幕直前の2005年3月竣工・供用開始しました。2004年度土木学会田中賞(作品部門)を受賞している。正式名は矢作川橋(やはぎがわばし)といい「アローズブリッジ」の名前は、一般公募で決まったそうです。
豊田アローズブリッジ (Wikipedia)

問1に戻る▲



第2問

正解 @ 名古屋港サイクリングロード

解説
名古屋港サイクリングロードは名古屋港の施設である富浜緑地や楠緑地を利用した自動車専用の道路です。名古屋港管理組合の所管になります。
豊田安城サイクリングロード、渥美サイクリングロート、知多半島サイクリングロードは愛知県が「自転車道の整備等に関する法律」に基づき、県道として認定し国の補助を受けて整備しているもので一部区間は未完成です。
それぞれ、
豊田安城サイクリングロード 県道288号豊田安城自転車道線
(豊田市荒井町〜安城市藤井町)
渥美サイクリングロート 県道497号田原豊橋自転車道線
(豊橋市東細谷町〜田原市伊良湖町)
知多半島サイクリングロード 県道511号武豊大府自転車道線
(武豊町嶋田〜大府市吉田町)
となっています。
公益財団法人 名古屋港緑地保全協会-サイクリングロード

問2に戻る▲



第3問

正解 B パナマ運河

解説
 松重閘門は、大正期に名古屋市都市計画事業の一環として、自然河川「中川」の川幅を拡張する形での中川運河整備が計画された際、並行する堀川との連絡を図る必要性があげられたことにその誕生の端を発する。両者を接続するにあたり、堀川と中川運河では堀川の水位が約1m高いため、パナマ運河と同様の閘門による水位調節を行う事となり、1930年(昭和5年)に建設を開始、1932年(昭和7年)から供用が開始された。運用開始時には「東洋のパナマ運河」として名古屋名物の1つとなった。
 1976年に閉鎖されましたが、市民の強い要望により保存されており、1986年に名古屋市指定有形文化財に、1993年には名古屋市都市景観重要工作物に、2010年には選奨土木遺産に指定されている。
 現在でも、春には桜の名所であり、夜間にはライトアップされており市民に親しまれている。

【アクセス】 名鉄「山王」駅下車。徒歩7分
市バス「山王橋」バス停より徒歩約5分、「日置橋」バス停より徒歩約5分
名古屋市-中川運河 松重閘門

問3に戻る▲



第4問

正解 A 大島ダム

解説
 ダム(英: Dam)または堰堤(えんてい)は、水力発電や治水・利水、治山・砂防、廃棄物処分などを目的としており、川や谷を横断もしくは窪地を包囲するなどして作られる土木構造物である。
黒田ダム 1980年竣工 豊田市黒田町地内
大島ダム 2001年竣工 新城市名号字水沢地内
新豊根ダム 1972年竣工 豊根村古真立字月代地内
木瀬ダム 1999年竣工 豊田市三箇町地内
 大島ダムは、豊川水系の宇連川支流である大島川3km上流地点に農業・工業・水道水などの取水の安定化図ることを目的として建設された重力式コンクリートダム。  また現在建設中の設楽ダムは、国土交通省から2026年に完成予定であることが明示されています。
大島ダム (一社)日本ダム協会

問4に戻る▲



第5問

正解 B 船頭平河川公園

解説
 木曽三川公園は、愛知、岐阜、三重の3県にまたがる日本一広い国営公園です。
 木曽川・長良川・揖斐川の木曽三川が有する広大なオープンスペースと豊かな自然環境を活用し、東海地方の人々のレクレーション需要の増大と多様化に対応するために設置された公園です。木曽三川公園は三派川地区・中央水郷地区・河川地区の3地区からなり、全部で13拠点が開園しています。各拠点において、花や木などの自然を生かした景観づくりに加えさまざまなイベントを開催しています。

国営木曽三川公園HP

問5に戻る▲



第6問

正解 B φ4600

解説
 日光川排水機場は、高潮等により外潮位が高くなり、河口の水閘門を閉鎖した場合の排水を目的とするものであり、既往最高の伊勢湾台風の実績潮位T.P.+3.89メートルの場合にも排水できるよう、計画されております。
 隣接する愛知県農林水産部管理の日光川河口排水機場(写真の左側)と合わせて毎秒200立方メートル(外潮位の低い時には毎秒300立方メートル)の排水能力を有します。
 日光川排水機場は昭和53年に、隣接する日光川河口排水機場は平成9年に完成しています。

 日光川河口排水機場の4号ポンプ設備は、整備・試運転・管理運転を経て、令和元年10月までに完成しました。4号ポンプは口径4600mmで1秒間に75tを排水する能力を持つ、国内有数の大口径ポンプです。
 5号ポンプは、3カ年(令和3年度から令和5年度)で整備を進めています。

東海農政局HP
愛知県-日光川排水機場、日光川河口排水機場

問6に戻る▲



 

Copyright 愛知地域建設コンサルタンツ協会. All Rights Reserved
 
愛知地域建設コンサルタンツ協会